まんまぁるな暮らし


by manma-ru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

涙の卒業式

自由な学校は今年度の卒業生は3人です。

f0175888_10573192.jpg

卒業生全員が普段通りの飾らない服。
一人はカッパ!!一人は「今日はいつも着てるこれじゃなきゃ!!」と洗濯干しから取ってきたといういつものTシャツ!

後ろは在校生の手作りの垂れ幕。

私は今年、月・火曜日と自由な学校のキッチン(お昼ごはん作り)をしていたので卒業へ向けてのみんなのカウントダウンぶりも見ることができました。

いきものがかりの「YELL」の歌詞に、皆で唄って(しかも大声で)いる姿に・・・キッチンで何度も涙しました。

あ~これ書いている今も思い出して涙がでる。
(夫も卒業式に参加しましたが、他の人にその時のことを話すたびに泣いています。歳のせい?泣き虫です)

スタートの曲「はじめの一歩」の時から、私はすでにウルウル。
校長先生?トエック代表の伊勢達郎もあいさつでウルウル。
6年生のソウタが卒業証書もらうときに泣いて・・・もうポロポロ。。。

スタッフから「焼き板」の贈り物。今年印象的だった写真と一言を一人ずつに。
f0175888_1175166.jpg



在校生から手作りのアルバム。f0175888_11394463.jpgf0175888_1140127.jpg




























今年の6年生は「野球」をたくさんしました。
一人ひとりに応援歌。(プロ野球ではバッターボックスに立った時にその人の応援歌があるそう。それをまねして)
在校生の野球仲間と研修生「ゾウガメ(あだ名です!)」で作ったそうです。
f0175888_1151994.jpg

面白くって、心温まる歌詞。f0175888_1245211.jpg
歌詞を書いたカードを手渡す在校生。












音楽の贈り物。在校生がトランペット、ホルンの得意なお母さんと一緒に「翼をください」
f0175888_11565085.jpg

皆で大合唱。


卒業生に今の気持ちを聞きました。
f0175888_1157378.jpg

「あんなに小さかったこの子たちが、こんな物やあんな物作ってくれて・・・」と泣く卒業生・・・。あなたも小さかったのよ~と私も涙でボロボロ・・・。

スタッフのあいさつでまた泣いて、親御さんのあいさつでまたまた泣いて。

そしていきものがかり「YELL」
f0175888_1215863.jpg

みんなの大合唱でまたボロボロ。


伊勢達郎さんのお母さん、トエック農園のお米やお野菜を作ってくれていて、いつも子ども達に優しい言葉をかけてくれるサチ子ばあちゃんから卒業生へ贈り物。
f0175888_1282363.jpg



涙の卒業式の後は・・

More  いつもの
[PR]
by manma-ru | 2010-03-31 12:21 | 自由な学校

息子の誕生日

3/14は息子9歳の誕生日でした。

誕生日に息子がやりたいこと、それは「5時間野球」。
それなら日頃一緒に野球している友達を呼んでやろう!!ということになりました。

近所の高校のグランドを借りて、朝から野球です。

f0175888_1829765.jpg
後ろで高校球児が集まっています。(見えますか?)


f0175888_18301591.jpg

日頃、野球のことしか頭にない息子にとって一日中野球できるなんて、至福のひととき。

More  夜はパーティー
[PR]
by manma-ru | 2010-03-16 18:42 | 日々のいろいろ

語りあう会

久々の更新です。
この2カ月程前にアトピー性皮膚炎が再発しました。
顔が真っ赤になり痒くて・・まぶたが腫れて重く、PCに長い時間向かえずにいました。

色んな療法に出会い、いろいろやってみて、だいぶ小康状態になりました。

まるで冬眠しているように、半ば引きこもっていましたが
やっと活動開始できそうです。


3月の語りあう会(保育あり)は初参加の方3名を合わせて、5名の参加がありました。


私は、人は「弱さ」でつながれると思っています。

「辛い」「さみしい」というようなその人の弱い部分や言葉に出会うとその人により近付けたような気がします。
「弱さ」をさらけだすのはとても勇気がいること。
自分をさらけ出した時の相手の反応によっては深く傷つくこともあります。

生身だった分、傷も大きいですよね。


でも自分の生身をしっかりとわかってもらえたら、こんなに幸せなことはありません。

幸いにも私はトエックと出会い、そこで「わかってもらう」という体験を積むことができました。



語りあう会では「気持ち」を皆で聴きあいます。
生身から発せられた言葉に出会うと、もうそれだけで何も言葉がでてきません。
「そうなんですね~」としみじみと深いうなずきしか出てこなくなる。

話されている方の「生身」にちょっぴりでも触れる瞬間があるということが
私にとって、生きる原動力になっているんだろうと思います。

参加者の方が真摯に話してくださることを本当にありがたく、感謝しています。
ありがとうございました。

More 語りあう会終了後
[PR]
by manma-ru | 2010-03-14 22:51 | まんまぁる